未来のための
スマホケース

CASETiFYはこれまで以上に環境意識の必要性を
認識し、その意識を商品に反映させることが
私たちの使命だと考えています。
そこで新たに「CASETiFY CONSCiOUS」を
ローンチしました。新コレクションの
「CASETiFY CONSCiOUS」は
テックアクセサリーを保護するだけでなく、
地球環境に配慮したデザインとなっています。


私たちにとって、サステナビリティ(持続可能)
とは永遠の課題。CASETiFYが地球環境のために
行っている3つの取り組みについてご紹介します。

CASETiFY が
できること

CASETiFYは持続可能への第一歩として、
二酸化炭素排出量ゼロを目指しています。
環境市民団体「アースデイ・ネットワーク
(Earth Day Network)」が行っている
「キャノピープロジェクト(Canopy Project)」
を通して、CASETiFYはコンポスタブル ケースを
ご購入頂くたびに、木を1本植樹します。

この取り組みは、アースデイ50周年を記念して、
今年78億本の木を植えるという
「アースデイ・ネットワーク」の
目標をサポートしています。

ゼロへの挑戦

CASETiFYにとって、サステナビリティの追求に
終わりはありません。商品の品質を維持しながら、
バージン(新品)プラスチック使用量の削減に
取り組んでいます。最初のステップとして、
パッケージからプラスチック廃棄物をすべて
取り除くことを目標としています。

RECASETiFY

廃棄物の削減にも取り組みます。
「RECASETiFY」はCASETiFY初の試みとなる
スマホケースのリサイクルプロジェクト。
使用済みのスマホケースを再販、リサイクル、
もしくは安全に処分することで、
廃棄のない未来を目指します。