DROP TO ZERO

私たちにとって、サステナビリティ
(持続可能性)は永遠の課題です。商品の
品質を維持しながら、新品プラスチック
使用量の削減に取り組んでいます。
堆肥・生分解性のあるスマホケースの
ローンチに続く次のステップとして、
パッケージからすべてのプラスチック
廃棄物を取り除くことを目標としています。

TALKING TRASH WITH BILLIE AND AYANA—A CONVERSATION ABOUT CLIMATE CHANGE

SINGER-SONGWRITER BILLIE EILISH TALKS WITH MARINE BIOLOGIST AND CLIMATE EXPERT DR. AYANA ELIZABETH JOHNSON ABOUT CHANNELING YOUR ENERGY, FINDING YOUR VOICE, AND STAYING OPTIMISTIC ABOUT THE FUTURE.

bannder image

未来のための
スマホケース

CASETiFYはこれまで以上に環境意識の必要性を
認識し、その意識を商品に反映させることが
私たちの使命だと考えています。そこで
誕生した「CASETiFY CONSCiOUS」
コレクションは、テックアクセサリーを
保護するだけでなく、地球環境に
配慮したデザインとなっています。

「CASETiFY CONSCiOUS」コレクションに
加え、CASETIFYは、二酸化炭素排出量を
減らすための取り組みを実施しています。

CASETiFY インパクトレポート 2021

- 「キャノピープロジェクト」を通じて
植樹数50,000本を達成

- 使い切りのボトルに代わる、再利用可能な
ウォーターボトルを発売

- 21,000キロのプラスチックを
新しい製品にリサイクル

- RECASETiFYを通じて、5,000個の
使用済みスマホケースをリサイクル

We are proud to announce we have:

• planted 50,000 trees as part of our initiative
  with EARTHDAY.ORG's Canopy Project

• avoided 5,000 single use plastic bottles with
  our reusable water bottles

• recycled 21,000 kilos of plastic into
  new products

• recycled 5,000 old phone cases as part of our
  RECASETiFY program

bannder image

CASETiFYは、「Drop to Zero」を通じて、
地球の未来のためにこれからも行動して
いきます。リサイクルロゴがその印です。